【バレーボール部】 自滅し、甲南大に敗北

 4月20日、近畿大学において2013年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第2戦(対甲南大)が行われ、関学はセットカウント1ー3で敗北した。これでリーグ戦通算成は1勝1敗となった。
試合後のコメント
主将・上野広将(人4)「今日は自滅した。つながりが悪くて、流れをつかめなかった。ブロックとレシーブの連携を大事にし、明日は勝ちます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です