【準硬式野球部】 敗北喫し、最終戦へ

  4月17日、わかさスタジアム京都において平成25年度関西六大学春季リーグ戦第5節1日目(対関大)が行われ、関学は2ー5で敗北した。2回表、エラーにより先制を許すと、3回表には2点を追加され0ー3。4回裏に松岡(法3)のタイムリーで1点を返すも、7回表にさらに2点を失い1ー5と点差を離される。その裏に1点を奪うも点差を埋めることはできず2ー5で敗北した。通算成績2勝7敗で最終戦に臨む。

試合後のコメント
主将・金田泰樹(経4)「流れは作れていたが一本が出なかった。最終戦は負ければ後悔が残るだけ。勝つしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です