【ハンドボール部男子】 奇跡の逆転勝利

 4月13日、山城総合運動公園において、平成25年度関西学生春季リーグ戦が行われ、関学は同大に31ー29で勝利した。 前半、関学はディフェンスが上手く機能せず失点を重ねてしまうが、攻めの姿勢は崩さず同大を追い上げた。しかし後半、同大に連続得点を決められ15ー17で前半を折り返す。後半、関学は一気に追い上げを見せ逆転勝利した。

試合後のコメント
主将・稲積翔平(人4)「勝てて良かった。オフェンスの動きら良かったが、前半は同大の高いディフェンスに囲まれパスが上手く回らなかった。今後の練習では特にディフェンスの強化をする」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です