【準硬式野球部】 連敗止められず

 4月11日、大阪府南港中央野球場において平成25年度関西六大学春季リーグ戦第4節1日目(対神大)が行われ、関学は0ー1で黒星を喫した。4回に先制され1点を追う関学は6、8回に満塁のチャンスを得る。しかし両回ともにあと一本が出ず、得点につなげることはできなかった。0ー1で神大に敗北し6連敗となった。
試合後のコメント
主将・金田泰樹(経4)「あと1本が出ないという状況を打開できなかった。点を取りたい気持ちはあるが、いつもと同じ戦い方をしていても勝てないと感じた。チャンスでスクイズをするなど違う作戦でいかないとだめ。ブロック予選に進める可能性は残っている。残り3戦、勝つのみです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です