【ボクシング部】 総合関関戦、1勝に泣き敗北

 4月7日、関西学院大学ボクシング場において第36回総合関関戦前哨戦が行われ、関学は4ー5で惜敗した。関学は1人目のライトフライ級の谷洋介(人4)が判定勝ちを収め先勝する。その後は両校引かずに3ー3。しかしここから勢いに乗りだした関大が2連勝し、9人目のミドル級の山内雄太(法3)が判定勝ちで一矢を報いるも4ー5で敗北。悔しい敗戦となった。
試合後のコメント
主将・高木利典(経4)「色んな課題が見つかってよかった。応援では一人一人の気持ちが見えた。次のリーグ戦まで一致団結して行きたい」

36kkgameboxing.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です