【準硬式野球部】 立命大に敗北し5連敗

  4月5日、滋賀県皇子山球場において平成25年度関西六大学春季リーグ戦第3節2日目(対立命大)が行われ、関学は1ー6で敗北した。0ー1で迎えた3回裏、2死から連打を浴び一挙4点を失う。5回裏には2個のエラーが絡みさらに1点を奪われ0ー6。関学は9回表に代打・小谷(経2)のタイムリーで一矢を報いる。しかし大量点差を覆すことはできず1ー6で敗北。これで5連敗となり、通算成績は1勝5敗となった。

試合後のコメント
主将・金田泰樹(経4)「相手のいい投手だったので1点が大きかった。これ以上は下がないと思って、勝って少しでも上に行きたい」

130405semi-baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です