【準硬式野球部】 好機に打てず4連敗

  4月4日、滋賀県皇子山球場において平成25年度関西六大学春季リーグ戦第3節1日目(対立命大)が行われ関学は2ー4で敗れた。初回、先発・江澤(理4)の不安定な立ち上がりに2個のエラーが絡み一挙3点を失う。関学は3回に谷口周(経3)のタイムリーを含む2点を返し点差を1点とする。しかしその後、4回から7回まで毎回得点圏に走者を進めるもホームを踏むことができない。8回には立命大に1点を追加され反撃したい関学だったが、9回は三者凡退に倒れ試合終了。2ー4で敗れ、通算成績は1勝4敗となった。

試合後のコメント
主将・金田泰樹(経4)「初回のエラーでの3失点で試合が決まってしまった。ミスをなくしていくところからやっていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です