【サッカー部】 今季初の公式戦で白星

 3月31日、関西学院大学第4フィールドにおいて兵庫県サッカー選手権大学予選が行われ、甲南大と対戦した関学は3ー1で勝利し、今年初の公式戦を白星で飾った。両者無得点のまま前半を終え、迎えた後半5分にFW呉屋(人2)がPKを獲得し、落ち着いて決める。これでエンジンが掛かった呉屋はさらに同11分、40分にもゴールを挙げ、3ー1で甲南大を下した。
試合後のコメント
3得点を挙げた呉屋大翔「今年初の公式戦で、みんな勝ちたいと思っていた試合を勝ち切れてよかった。まだ2、3点取れるチャンスがあったが決めきれなかった。こういうところで決められないとリーグ戦では厳しい。リーグ初戦から勝ち流れに乗るために、この1週間で詰めていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です