【馬術部】 新人選手好調のスタート

 3月20日、大阪乗馬協会にて第7回関西学生馬術スプリングトライが行われた。下級生中心に出場した今大会、ノービス障害飛越競技で佐々木(社1)×月棗組が4位、ノービス馬場馬術競技では青山(社1)×月若葉組が人馬一体となった安定した演技で準優勝を果たした。
試合後のコメント
主将・工藤裕太(商3)「経験を積んでもらうために、下級生が中心に出場した。結果に関しては、優勝して欲しかったという思いもある。次の春学では新人戦で連覇を狙ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です