【バスケットボール部男子】 新人戦ベスト8

 12月15日、甲南大学において平成24年度関西学生バスケットボール新人戦が行われ、同大に64-75で敗れた関学は今大会をベスト8で終えた。3回戦の相手、関大に81ー71で勝利した関学は準々決勝に駒を進めた。準々決勝では同大と対戦し、前半から接戦を繰り広げる。だが、後半に相手のペースに飲まれた関学は64ー75で勝利を逃し、昨年と同様ベスト8で終えた。
試合後のコメント
今大会チームキャプテンを務めた井上大志(商2)「3回戦の関大戦は序盤に走れたため、前半で一気に引き離して勝つことができた。準々決勝の相手、同大にはリバウンドから走られてしまい、オフェンスが逃げの姿勢になってしまった。ベスト8という結果は悔しいが、この悔しさをばねに成長したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です