【ソフトテニス部女子】 早大に惜敗

 12月16日、同志社大学において第57回東西六大学王座決定戦が行われ、関学は今夏の全日本王者・早大に1ー2で敗れた。初戦、神崎(教1)・内山(文1)ペアが5ー2で勝利するも、2回戦では川染(経3)・西村(社3)ペアが1ー5で敗北。続く3回戦でも由田(経2)・福山(文3)ペアがタイブレークの末に惜敗し、早大に逆転負けを許した。
試合後のコメント
主将・西村友希「勝てそうだっただけに悔しいが、早大をここまで追い込めたことには手応えを感じている。個人個人が力を出し切れてよかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です