【体育会学生本部】 3部合同スポーツ教室開催

 11月24日、関西学院大学上ヶ原キャンパス総合体育館に於いて、フェンシング部、体操部、卓球部の3部合同で、初等部スポーツ教室が行われた。部員は小学生にそれぞれの競技を教え、共にスポーツを楽しんだ。
教室後のコメント
フェンシング部主務・井川慎也(商3)「小学生にとってフェンシングは、あまり学ぶ機会が無い競技なので、貴重ないい時間だったと思う。小学生はやんちゃで元気な子が多かった。部員には教員を志望している者もいるので、すぐにうちとけていたし、いい息抜きになっていた」
卓球部主務・多久和奨太(教3)「最初はみんなどのように接すればいいかわからなかったが時間が経つにつれて、子どものノリにどう対応すればいいかを学べ、いい勉強になった。自分たちは勝つためだけに卓球をしているが、小学生は元気に楽しんでいた。元気にやるとチームの雰囲気も良くなるので、楽しむことも大事ということを小学生から学んだ」
体操部主将・渡辺彬(人3)「小学生たちは若いなと思った。体操を楽しんでくれて良かった。今年はもう試合がないが、来年それぞれの大会で一つでも順位を上げられるように頑張る」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です