【バスケットボール部女子】 インカレ1回戦敗退

 11月20日、墨田区総合体育館において第64回全日本大学バスケットボール選手権大会が行われ、関学は初戦(対早大)を55ー101で敗北し、1回戦敗退となった。前半を終了した時点で24ー48と大きく離された関学は後半に反撃を試みる。しかしパスミスなどで得点のチャンスを失い、55ー101の100点ゲームで試合を終えた。
試合後のコメント
笠松梓(社4)「試合前は雰囲気で緊張していたが、インカレは笑顔で楽しもうとみんなで話していた。色んな人が応援に来てくれて、内容としてはよくなかったが、後輩にいい経験をされてあげられたと思う。このチームは春も、リーグ戦も出だしでつまづいてしまうチームだったが、インカレで終えることができてよかった。来年、再来年の方が技術も上だと思うので、関西でも上位に入れ、インカレ出場が当たり前のチームになってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です