【サッカー部女子】 4度追い付くも1部届かず

 11月10日、平成24年度関西学生女子サッカー秋季リーグ1部2部入替戦が大阪体育大グラウンドで行われ、今季2部2位の関学は1部7位の聖泉大に壮絶な打ち合いの末4-5で敗れ、創部初の1部昇格は果たせなかった。前半6分に先制された関学は、同25分に主将・MF櫻井玲加(教4)のゴールで同点とするも、前半は1-2で折り返す。後半11分に再び櫻井が決め追い付くと、その後失点、得点を繰り返す。櫻井のハットトリックなどで4度追い付いたが、最後は4-4で迎えた後半ロスタイムに決勝弾を許し、3季連続となる入替戦敗退となった。この試合をもって女子チーム創部のきっかけとなった櫻井を含む4年生は引退した。
試合後のコメント
主将・櫻井玲加「今までで一番のゲームだったし、楽しかった。負けたことはよくないが、それ以上にみんなが残してくれたものは大きいと思う。これが引退試合でよかった。関学でサッカーができて幸せだと思う。後輩たちはこれから結果が求められるし、勝ちにこだわってやってほしい。また、応援してくれる人や仲間を大切にして、全力でやってほしいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です