【硬式野球部】 立命大に完封負け

 11月6日、豊中ローズ球場において平成24年度関西学生野球連盟秋季新人戦が行われ、関学は0ー2で立命大に完封負けを喫した。初回、2死二塁から適時打を浴び先制点を奪われると、続く2回には先発投手・宇都宮(経1)が左越本塁打を許す。その後は宇都宮が要所を締める投球で無失点に抑えるも、関学打線も3安打と完全に封じ込まれ、0ー2で試合終了。8日に行われる5、6位決定戦に臨む。
試合後のコメント
竹内チーム監督「春季新人戦のリベンジを果たせず悔しい。宇都宮はよく投げたと思う。次は打線に頑張って欲しい」
チーム主将・黒木秀太(社2)「練習不足。ふがいない試合をしてしまった。リーグ優勝したチームとして恥ずかしくないよう、次戦こそは勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です