【ラクロス部男子】 圧勝で1部残留

 11月3日、太陽が丘第2競技場おいて第23回関西学生ラクロスリーグ戦(入れ替え戦)が行われ、関学は13-3で京工繊大に圧勝した。試合開始直後から得点を挙げていきリードを奪った関学。AT吉野(経3)やAT細本(社4)などのゴールで前半を7-1で折り返す。後半も関学の勢いは衰えず、アタック陣が次々に得点を決めていき13ー3で快勝。1部残留を果たした。この試合で4年生は引退となった。
試合後のコメント
主将・卜部大河(法4)「今日はオフェンスからリズムを作れたし、ディフェンスもライドから前線にパスをつないで流れに乗れた。最後の試合だったので4年生としての姿勢を見せたかった。来年は主力が多く抜けるので、下級生は練習から常に厳しくやっていってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です