【庭球部女子】 頂上決戦は明日に持ち越し

 10月28日、有明テニスの森公園において平成24年度全日本大学対抗テニス王座決定試合決勝戦が行われたが、降雨により試合途中で中止となった。関学は現在王座6連覇中の早大と対戦。ダブルス2の吉原(商4)・山崎(人3)組が第1セットでタイブレークまでもつれ込む接戦を物にし、リードを奪う。ダブルス1の山本(人2)・村上(人2)組は序盤で0ー4でリードされるも、徐々に反撃を見せ始め、4ー5まで持ち込む。だが、ここで雨が降り始め、一時中断となる。このまま天気が回復せず本日の試合は中止となり、決戦は明日に持ち越された。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です