【ラクロス部男子】 ファイナル3進出の可能性消滅

 10月7日、大阪大学豊中キャンパスにおいて第23回関西学生ラクロスリーグ戦が行われ、関学は京大に5ー12で敗北した。序盤は互いに譲らぬ戦いを見せた関学。ΑΤ細本(社4)やΑΤ井上達(経3)らのゴールで前半を4ー3で折り返す。だが後半に突入すると、京大攻撃陣の猛攻にあい逆転を許す。追い上げたい関学だったがシュートチャンスをものにできず得点を奪えない。逆に京大にはその後もゴールを奪われ、5ー12で敗れた。この敗北で上位3チームが進めるファイナル3進出の可能性が消滅した。
試合後のコメント
主将・卜部大河(法4)「やはり後半になると流れを相手に渡してしまうことが敗因。ファイナル3進出はなくなったが、後輩に何か残せるようにやっていきたい。とりあえず残りの近大戦で勝利する」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です