【陸上ホッケー部男子】 練習の成果表れる

 9月29日、甲南大学ホッケー場において平成24年度関西学生ホッケー秋季リーグ行われ、甲南大と対戦した関学は4ー1で勝利した。前半9分にPC(ペナルティーコーナー)を獲得した関学はFW大西宏佑(商4)のシュートで先制すると、前半32分に今季初となる失点を許すも2点を追加。後半11分にはPCからDF中島豪志(社4)がフリックシュートを決め、計4ー1で勝利した。
試合後のコメント
主将・松田恭輔(文4)「今日はPCからの得点など、今まで練習でしてきたことが結果に出た試合だった。後半1得点とスピードがなくなったことは反省点だが、FW大西が抜けている時間帯に得点できたことは大きい。次の聖泉大戦はチャレンジの気持ちでリベンジしたい。内容で勝利し、相手を圧倒する試合ができたらいいなと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です