【アメリカンフットボール部】 神大に圧勝

 9月29日、王子スタジアムにおいて2012関西学生リーグDiv.1、第3節(対神大)が行われ、66ー6で神大に圧勝した。第1Q(クオーター)6分に1つ目のTD(タッチダウン)を決め、先制した関学はその後も毎Qで2TD以上を獲得。さらに守備陣も3つのサックと2つのインターセプトを奪った。66―6で神大に勝利し、今季3連勝を果たした。
試合後のコメント
鳥内秀晃監督「点が入るにつれ神大の士気が下がっていたのにもかかわらず、パントを蹴っているようではダメだ。進めるところは全部進めないといけない。QB畑卓志郎(社4)の調子が上がっているのはいいことだが、OLの守りが甘い。DFの完成度を上げ、畑が逃げないでパスを投げられるようにしなければ、これから先厳しくなるだろう。QB斎藤圭(経2)は持ち味を生かしたプレーができ、走るセンスも上がってきた。しかし、もっと早い段階で投げることや、受け手のキャッチ率向上が課題として残っている。ビックゲームに向け、一試合ごとに力をつけるしかない。京大、関大、立命相手にこれだけ点は入らないし、まだまだ甘いのは選手たちもわかっている。作戦だけでなく、個人のレベルを上げていく必要がある」
主将・梶原誠人(商4)「試合毎にチーム全体で課題が見えて少しずつ修正し、全体で意識は上がってきている。しかし、見えるところでも見えないところでもミスがまだまだ多い。攻撃は全てのシリーズはTD、守備は全てパントに追い込むぐらいにしなければならない。次の龍大戦でもやることは変わらない。今日の試合で出た課題を修正してさらに強いチームに仕上げて全力で臨むだけです」

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. 日大王朝 より:

    序盤4試合は平穏っぽいですね。立命館・関大・京大も含めて。QB畑は安定感がある!3チームともDFが強力だが案外点数はとれそう。問題は関学DFをハイパーオフェンスでぶち破るチームがあるかどうか?やはり筆頭格は立命館ですけど

  2. 日大王朝 より:

    関学順調なスタートですね!安定感があって悲壮感が全く無い。このまま最終の立命館戦まで無風でいってほしいですが
    京大には気持ちが出てくると思うけど関大に足元すくわれないようにがんばって。立命館は取りこぼしはまずない。パワーフットボールでは京大・関大も屈するはず。やはり4強とはいえ関学vs立命館が雌雄を決することとなりそう。去年のリベンジに燃える立命館をパスで圧倒しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です