【硬式野球部】 サヨナラ勝ちで勝ち点奪う

 9月24日、ほっともっとフィールド神戸において平成24年関西学生野球六大学秋季リーグ戦が行われ、関学は近大を2ー1で下し、勝ち点を奪った。関学は2回に先発投手の蒔野(文4)が先制点を奪われる。だが4回に四球などで一死満塁の好機を作ると、谷(商4)が内野ゴロでの併殺崩れの間に同点に追い付く。その後互いに好機を作るもあと一本が出ず、試合は延長戦に突入する。迎えた10回裏、先頭打者の出口(文2)が三塁打で好機を演出。一死後、蒔野の代打・増田(社2)が内野安打を放ち出口が生還。2-1のサヨナラ勝ちで近大から勝ち点を奪った。
試合後のコメント
清水監督「勝てて良かった。何度も危機を迎えたが蒔野がよく粘ってくれた。サヨナラの場面は出口、増田ともに自分の役割を果たしてくれた。打線はもう少しボールの見極めをしっかりしてほしい」
主将・萩原圭悟(商4)「連勝できたしチームの雰囲気もいいと思う。試合は流れも近大にあったが蒔野も踏ん張ってくれたし、守備も無失策でいけたことがよかった。京大はいい投手もいるし、簡単に勝たせてくれないので、試合までの間しっかり鍛え直して臨む」
(サヨナラ打を放った)増田「最初は自分が決めてやろうと思ったが、走者の出口は足が速いので転がせば何とかなると思い楽に打席に立てた。4年生は最後のシーズンなので、少しでも力になれるようにやっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です