【重量挙部】 結果奮わず

 9月23日、関西大学にて第48回西日本学生新人ウエイトリフティング選手権大会が行われ、関学は4選手が出場するも、いずれも入賞には手が届かず悔しい結果に終わった。
試合後のコメント
主将・玉川元栄(文4)「夏休みにあれだけ練習したのに自己新記録も誰も出なくて期待外れとなった。やはり他校と比べ1本目の成功率が悪く、それは修正しないといけない。次に向けて今日見つかった課題を一人一人が克服してほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です