【バレーボール部】 近大にストレート負け

 9月22日、京都産業大学において行われた2012年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第5日目(対近大)で関学はセットカウント0ー3で敗北した。第1セット目26ー28とジュースまで持ち込む接戦を見せるも、その後の第2、第3セットを落とし、近大に勝利することができなかった。これで関学の自力優勝がなくなった。現在リーグ戦通算成績は3勝2敗。
試合後のコメント
主将・佐川翔(経4)「第1セットはせっていたが、いい試合をしたところで負けは負け。今の関学には覇気がない。1セットを取られただけで心が折れては駄目。今回の敗戦で自力優勝はなくなったが、可能性はまだある。気持ちを切り替えて次戦も頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です