【硬式野球部】 近大に快勝!

 9月22日、ほっともっとフィールド神戸において平成24年関西学生野球六大学秋季リーグ戦(対近大1回戦)が行われ、4-1で勝利した。両者無得点で迎えた5回表、萩原(商4)の本塁打で先制。さらに芝田(人4)、木下(人2)の適時打などで3点を追加する。9回裏、蒔野(文4)が打ち込まれ1点を奪われるも逃げ切り、近大を下した。なお、蒔野が今試合でリーグ通算20勝を挙げた。
試合後のコメント
清水監督「蒔野は本調子ではなかったが、変化球を駆使してよく投げてくれた。1番頼りになる投手だと思う。萩原の先制本塁打もチームを勢いづけ、この先も彼の長打力に期待したい」
主将・萩原圭悟「いい感触で本塁打も打て、先制点をとれたのは大きかった。今日の勝ちを不意にしないよう明日も勝ちたい」
蒔野健太「記録のことはあまり考えないようにしていたが、達成できてとても嬉しい。自分の1勝がチームの勝利に関わるので、投げる試合は全部勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です