【準硬式野球部】 同大に完封勝利

 9月21日、大阪市南港中央野球場において関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節2日目(対同大)が行われ、2-0で完封勝利を収めた。初回、先頭打者・谷口周(経2)のランニングホームランで先制した関学は4回にも7番・小平(文3)のタイムリーで1点を追加する。また、先発・江澤(理3)と途中から登板した大西(商3)もピンチをしのぎ、相手を無得点に抑え試合終了。同大に連勝を果たした。現在通算成績4戦3勝1敗。
試合後のコメント
主将・金田泰樹(経3)「初回に先頭打者が点を取ってくれたので安心して攻撃できた。しかし攻撃の課題として好機で1点しか取れなかったことだ。一方投手の2人が0点に抑えてくれたのが今日の勝因。次の立命大はピッチャーが良く今季一番力のあるチームだと思う。しかし今の流れのまま行けば怖くない相手だと思うのでしっかり準備して臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です