【ラクロス部男子】 立命大に大敗

 9月22日、舞洲運動公園運動場D面において第23回関西学生ラクロスリーグ戦が行われ、関学は立命大に5ー14で敗れた。関学は立ち上がりから立命大のアタック陣に得点を決められ、前半を1ー5とリードを許し折り返す。後半も相手の勢いは止まらず次々に得点を許す。反撃したい関学はAT吉野(経3)らのゴールで得点を返すも、大量失点が響き5ー14で敗れた。これで上位3チームが進めるファイナルへの出場がかなり厳しい状況となった。
試合後のコメント
主将・卜部大河(法4)「ディフェンスが粘れず序盤に失点し流れを相手に持っていかれた。オフェンスも点が取れなかったのもダメだった。次戦は4年生が中心となってぶつかっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です