【準硬式野球部】 同大との接戦制す

 9月20日、南港野球場において関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節1日目(対同大)が行われ、3-2で接戦を物にした。2回に相手に先制されるもその回に1点を返し同点とする。さらに4回に3番・津田(経2)のタイムリーで2点を奪い、勝ち越した。そのまま3-2で試合終了し、同大との接戦を制した。現在通算成績3戦2勝1敗。
試合後のコメント
主将・金田泰樹(経3)「前回の試合からあいた一週間でしっかり練習でき自分たちの野球をやるだけと思っていた。同大は負けたくないチームなので勝てて嬉しい。ピッチャーがしっかりつないで戦ってくれたのが今日の勝因。明日も接戦になると予想されるがワンチャンスをものにして、点を取って試合が終わる時に勝てていたらいい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です