【庭球部男子】 王座出場ならず

 9月20日、ブルボンビーンズドームにて平成24年度関西大学対抗テニスリーグ戦第5戦(対関大)が行われ、関学は2-7で敗れ、関西3位となった。ダブルスを2本落としリードを許した関学。シングルスで巻き返しを図るも関大に圧倒され、2ー7で敗北。この結果10月に行われる王座出場はならなかった。なお4年生は引退となった。
試合後のコメント
主将・辻田康太郎(商4)「負けてしまって悔しい。この4年間しんどいことばっかりだったが庭球部の目標である人として成長することはできたと思うし、キャプテンとしていろんなことも学ぶことができた。後輩たちはがむしゃらに練習してがんばってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です