【バスケットボール部男子】 大院大に敗北で連勝ストップ

 9月17日、立命館大学びわこくさつキャンパスにて平成24年度関西学生バスケットボールリーグ戦第7戦(対大院大)が行われ、関学は60-74で敗北した。前半、両者共に譲らない戦いを見せ、接戦となる。しかし後半に入り、関学のミスが目立った。相手のアウトサイドシュートも止め切れず、最終スコア60-74でゲームセット。これで関学の連勝はストップし通算成績7戦5勝2敗とした。
試合後のコメント
主将・川嶋勇人(経4)「残念な結果となってしまった。前半はいい流れだったもののミスの連発で後半の悪い流れをずるずると引きずってしまった。C高橋(商4)が調子を取り戻し、アウトサイドシュートも決めてくれたのはよかった。ただ、個人の力だけでは勝てない。今試合はチームとしてのつながりがなかった。次戦もいかに自分たちのバスケをするかが重要になってくる。いいディフェンスから走るということをできるように今週しっかり練習して来週につなげたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です