【硬式野球部】 関大に敗れ勝ち点落とす

 9月15日、阪神甲子園球場において平成24年関西学生野球六大学秋季リーグ戦が行われ、関学は関大に3ー7で敗れ、勝ち点を落とした。関学は4回に萩原(商4)、山崎裕(経3)の連打で先制点を奪う。だが6回に追い付かれると8回に2死一、三塁の場面で勝ち越し適時打を許す。しかしその裏萩原の2点本塁打で逆転する。迎えた最終回、2死までこぎつけたが、そこから連打で一挙5失点で逆転を許し3ー7で敗れた。
試合後のコメント
清水監督「関大はバッティングがすごかった。今日の負けは切り替えて近大戦に向けて練習していく」
主将・萩原圭悟「1節目で勝ち点を取ったことで関大戦は慎重になりすぎたと思う。落ち込んでいるひまはないので、また近大戦に向けてがんばっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です