【バレーボール部】 京産大にフルセットの末敗れる

 9月16日、近畿大学において2012年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第4日目(対京産大)が行なわれ、関学はセットカウント2ー3で敗北した。これで連勝はストップし、リーグ戦通算成績は3勝1敗となった。
試合後のコメント
主将・佐川翔(経4)「相手が2部上がりだからと油断していた。サーブが良くなくてコンビを組まれたが、なんとかできると思っていたのがだめだった。サーブで崩してブロックで仕留めるという自分たちのバレーができなかった。連勝中で、天狗になっていたのだと思う。次は現在首位の近大との対戦なので、挑戦者の気持ちで臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です