【バスケットボール部男子】 強敵・天理大との大接戦制す

 9月16日、立命館大学BKCジムにて平成24年度関西学生バスケットボールリーグ戦第6戦(対天理大)が行われ、関学は67-61で接戦を制した。点の取り合いが続く混戦となったが、関学は要所で勝負強さを見せ見事天理大を破った。
試合後のコメント
主将・川嶋勇人(経4)「今日の試合はインカレに行くためにも最重要な戦いだった。第3Q(クオーター)ではミスの連鎖で苦しい場面になったが、それでも食い止めて次に切り替えられたのは大きい」
副将・高橋伸太郎(商4)「相手はインサイドが強いチームだと思っていたので、簡単にシュートやリバウンドを与えないようにコツコツやれば勝てると思っていた。チーム全員で天理大に勝てたと実感しているし、この団結力を副将としても自負している。次戦もチーム力で対抗して、勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です