【庭球部男子】 近大に敗北し、リーグ戦2敗目

 9月14日、ブルボンビーンズドームにて平成24年度関西大学対抗テニスリーグ戦第3戦(対近大)が行われ、関学は4−5で敗北した。ダブルスで1−2とリードを許した関学。シングルスで挽回することができず、リーグ戦2敗目となった。
試合後のコメント
主将・辻田康太郎(商4)「うまく噛み合わず、このような結果になってしまった。厳しい状態だが、ノーブルスタボーネスの精神で、最後までベストを尽くしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です