【庭球部】 女子シングルス、男子ダブルス夏関優勝

 9月2日、靭テニスセンターにて平成24年度関西学生テニス選手権大会が行われ関学は女子シングルス、男子ダブルスで関西制覇を果たした。女子シングルス決勝戦では村上亜利沙(人2)が粘り強いラリーで見事勝利。また男子ダブルス決勝戦は同校対決となったが、辻田康太郎(商4)・黄賢人(経4)ペアが杉森駿(経4)・日下稜介(商1)ペアをセットカウント2-0で破り優勝をつかんだ。
試合後のコメント
村上「今までシングルスで結果を残せず悔しい思いをしてきたけど、今回やっとシングルスで優勝できて本当にうれしい。自分のテニスができたと思う」
辻田「リーグ戦ももうすぐ始まるので、それも意識して絶対に勝たないといけないと思った。今まで以上に絶対に勝つという気持ちで戦ったし、結果を残せてうれしい」
黄「いい緊張感の中で戦えたと思う。優勝が決まった時はやっと勝てたとほっとする気持ちが強かった」
杉森「下級生を育てるためにこれまでやってきたけど、決勝戦まで上がれたのは上出来。準優勝は自信になるだろうしいい経験にもなったと思う」
日下「1年生ということもあり、緊張は大きかった。力みすぎて空回りしてしまった部分もあるけど、準優勝できて自信になった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です