【硬式野球部】 リーグ戦白星発進

 9月1日、わかさスタジアム京都において平成24年関西学生野球六大学秋季リーグ戦が行われ、関学は立命大を4ー0で下し、先勝した。3回に2四球と安打で1死満塁の好機を作ると、押し出しで先制。さらに谷(商4)の適時打などで一挙3点を奪う。5回には蒔野(文4)の右前適時打で追加点を奪い4ー0とリードを広げる。先発投手の蒔野は危機を迎えながらも、要所を締める投球で立命打線を完封。関学はリーグ戦白星発進となった。
試合後のコメント
清水監督「蒔野が本来の粘り強い投球をしてくれた。打線は相手投手の制球難につけこめたのが勝因。今まで出足が悪かったので、久しぶりに白星スタートできて良かった」
主将・萩原圭悟(商4)「蒔野がよく投げてくれた。今まで初戦を負けでいたので、リーグ戦白星スタートできて、いい雰囲気でこれからも臨めると思う 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です