【サッカー部男子】 天皇杯1回戦で大敗

 9月1日、滋賀県東近江市布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)において第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦が行われ、兵庫県代表の関学は滋賀県代表のSAGAWA SHIGA FCと対戦し、0-6で敗れ1回戦敗退となった。前半13分にCKから先制を許した関学は、前半を0-3で折り返すと、後半にも次々と追加点を許し、今季最多の6失点で大敗を喫した。サッカー部男子は2週間後に後期リーグが開幕し、第1節(対関大)は9月16日の14時から大阪長居スタジアムで行われる。
試合後のコメント
ゲームキャプテンを務めたDF岡崎太一(法4)「前半のセットプレーでの失点は仕方がないと思うが、自分たちのミスから2失点目を許して、そこで下を向いてしまった。相手がうまいことは分かっていたので、とにかく前半は0で抑えようと考えていたが、3失点して意識の統一ができなくなってしまった。自分たちのミスで失点しても耐えられるメンタルをつけていかなければならないと思う。兵庫県予選でつかんだ手応えをもう一度思い出して、リーグ初戦では関大に絶対勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です