【レスリング部】 主将・材木(人4)2回戦敗退

 8月24日、堺市金岡公園体育館において文部科学大臣杯2012全日本学生レスリング選手権大会フリースタイルの部が行われ、関学の主将・材木は2回戦敗退に終わった。120㌔級に出場した材木は相手の力強い攻撃で動きを封じられ、思うように攻められない。その後相手にポイントを奪われていき0ー2で敗れ、2回戦敗退となった。明日からはグレコローマンスタイルの部が行われる。
試合後のコメント
主将・材木聖史「相手はパワーがあり動きを封じられてしまった。インカレで経験したことを西日本大会やリーグ戦で生かしたい 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です