【レスリング部】 主将・材木(人4)が3回戦進出

 8月23日、堺市金岡公園体育館において文部科学大臣杯2012全日本学生レスリング選手権大会フリースタイルの部が行われ、関学主将・材木が3回戦進出を決めたが、他の選手は初戦敗退に終わった。関学は66㎏級に川端(人4)、中島(法3)、板場(人1)、前田(法1)、74㎏級に高見(法1)、84㎏級に野澤(人2)が出場したが、いずれも相手に圧倒され初戦敗退。120㎏級に出場した材木は積極的に攻めポイントを奪っていき相手を寄せ付けず初戦を突破。明日行われる3回戦に進出した。
試合後のコメント
主将・材木聖史「今まで負けたことのない相手だったので、負けるイメージもなく戦うことができた。明日からは簡単な試合はないので、一戦ずつ集中してがんばりたい。後輩たちはまだまだ実力不足。何か自分の得意技を見つけて、それを伸ばしてほしい 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です