【ラクロス部女子】 14発快勝

 8月18日、伊丹スポーツセンターにおいて第23回関西学生ラクロスリーグ戦が行われ、関学は武庫女大に14ー5で大勝した。関学は序盤からAT北川(法4)やAT吉田真(経3)などのゴールが次々に決まり、前半を9ー0で折り返す。後半も攻撃の手を緩めず、AT横井(人2)らのゴールで追加点を挙げる。終盤にファールから連続失点するも14ー5で圧勝した。
試合後のコメント
主将・宮田あかね(社4)「初戦の反省から決められる場面はしっかり決めようとチームで徹底した。今日はそれができて波に乗れることができた。終盤の失点はファールが多くなったことが原因だったので修正したい。次の大国大は手強い相手なので、全体の完成度を上げて、試合までの時間を無駄なく過ごしたい 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です