【ラクロス部女子】 開幕戦勝利

 8月11日、鶴見緑地競技場において第23回関西学生ラクロスリーグ戦が行われ、関学は近大に7ー4で勝利した。関学は立ち上がりから近大ゴールに攻め込むもなかなかゴールを決めきれない。しかしΑТ北川(法4)が前半5分に先制点を奪う。その後もΑТ吉田真(経3)らのゴールで得点を積み重ね前半を5ー1で折り返す。後半は近大に得点を奪われ2点差まで詰め寄られる。だがΑТ後藤咲(社3)のゴールで突き放し流れを引き寄せる。その後両者1点ずつ取り関学リードのまま7ー4で試合終了。開幕戦を白星で飾った。
試合後のコメント
主将・宮田あかね(社4)「前半は入りは悪くなかったが、ΑТ陣がチャンスで決めきれなかった場面が多く、そこは反省点。合宿でやってきたことを実践できず、試合内容には満足していない。次の相手の武庫女大は近大とはタイプが違うので、しっかりスカウティングしてチーム全員で相手を意識して試合まで準備していきたい 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です