【ソフトテニス部】 男子は全ペア敗退。女子は岡田(文4)・北川(社4)ペアがベスト16で最終日へ

 8月7日、宇部マテフレッセラテニスコートにおいて第67回三笠宮賜杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会(第2日目)が行われ、関学は岡田(文4)・北川(社4)ペアがベスト16に残った。前日の豪雨のため日程は繰り下げ、8月8日に残りの日程が行われる。
試合後のコメント
主将・和田泰幸(商4)「全員いい試合はできていた。しかし、大事な場面で自滅してしまった。勢いに負け、受身になったのが敗因だと思う。これで僕は引退だが、刺激しあいながらチームとしても強くなってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です