【水上競技部競泳パート】 男子が1部2位と奮闘 女子は惜しくも7位で2部降格

 7月29日、大阪プールにおいて第86回関西学生選手権水泳競技大会の3日目が行われ関学は男子が2位、女子は7位。男子にとって優勝が狙える得点差で迎えた最終日。男子100㍍自由形で中村豊(社4)が大会新記録で優勝。同レースで樋口拓夢(社2)が2位。男子100㍍背泳ぎで今別府俊成(商4)が3位。男子800㍍リレーで2位とチーム一丸で戦い抜いた。しかし近大が御家芸の平泳ぎで大量得点、関学は及ばず2位に終わった。女子は山本麻利(社3)が女子100㍍自由形で3位。チームは7位に終わり2部降格が決まった。
試合後のコメント
平谷源(文4)「男子は緊張感のあるレースが多く、強い精神力が要求されたが、その中で力を発揮しよく戦ってくれた。3位と5点差で僅差(きんさ)での2位だったが勝てたことが何より嬉しい。来年はきっと優勝してくれると思う。女子は個々に強い気持ちで戦い抜くことができたと思う。3日間通していいレースを見せてくれた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です