【重量挙部】 個々の成果見せた

 7月13日、はびきのコロセアムにて第52回西日本学生ウエイトリフティング選手権大会が行われ、関学は62kg級に谷(法1)が、69kg級に大和屋(文3)、黒田(教2)が出場した。谷にとっては初の公式試合であり、緊張を感じてはいたもののスナッチ、クリーン&ジャーク共に自己新記録を更新し、トータル135kgを挙げた。69kg級では大和屋がクリーン&ジャークでわずかなミスから納得のいく記録を出せずトータル168kgで試合を終える。一方の黒田は日々の努力の成果が表れトータル173kgを記録した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です