【水上競技部水球パート】 立命大に完敗し、関西2位

 7月8日、京都大学西部構内プールにおいて行われた平成24年度関西学生水球選手権大会で関学は立命大と対戦し10ー19で敗北した。第1P(ピリオド)、強豪・立命大に関学は2ー2の同点と食い下がる。しかしその後、吉田(経2)の永久退水もあり戦力を欠くと勢いは失速。後半に点差を広げられ、10ー19で敗北した。
試合後のコメント
主将・小川貴裕(文4)「失点を一桁に抑えるという目標は達成できず、勝つこともできなかったがいい試合ができたと思う。まだ若いチームだからこれからもっと強くなれるはず。インカレは今大会の課題を克服し、泳力をつけて臨む」
ベスト13に選ばれた山田(人3)「2年連続で選ばれてうれしい。良く泳ぎ味方にボールをつないだことが評価された。インカレでは泳力をもう一度きたえて臨む」
ベスト13に選ばれた吉田(経2)「個人的には立命大との力の差は感じない。今日はよく戦えたと思う。ベスト13は素直にうれしい。インカレでも立命大戦のような高いモチベーションでまず一勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です