【水上競技部水球パート】 阪大に勝利し全勝で最終戦へ

 7月7日、京都大学西部構内プールにおいて行われた平成24年度関西学生水球選手権大会で関学は阪大と対戦し13ー8で勝利した。レギュラーメンバーで臨んだ前半は9ー3と大きくリードを広げる。後半、関学はサブメンバーに切り替えると阪大に反撃を許してしまう。第3P(ピリオド)は得点を奪えず、9ー6と差を詰められる。しかし、持ち直した第4Pは関学ペースで進み、13ー9で阪大に勝利した。
試合後のコメント
主将・小川貴裕(文4)「第2Pで点差をつけることができたが第3Pでサブが出てその点差を詰められてしまった。出場機会の少ないサブとの力の差が出てしまった。明日に控える強豪・立命大との最終戦は失点を一桁に抑え勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です