【馬術部】 女子自馬わずかに及ばず

 7月1日、三木ホースランドパークに於いて第55回関西学生総合馬術大会、第44回関西学生女子自馬大会、第3回関西学生サマートライ大会が行われた。この日は関西学生総合では耐久審査が行われたが関学は4頭中2頭が失格となる。昨日行われた調教審査と余力審査の結果と合わせて団体総合成績は4校中3位に終わった。一方女子自馬大会では団体2位に輝いた。
試合後のコメント
主将・谷今日子(文4)「昨日、女子自馬大会では障害競技A・Bともに1位を穫れて、去年優勝できていないので良いスタートを切れてよかった。関西学生総合では全員が総合に出たことのない選手たちだったが余力審査で1頭失権してしまったものの、なかなかのスタートを切ってくれたと思う。耐久審査では落馬、失権してしまった馬もいたが選手全員が大健闘し、走りきれるか不安だった新馬がゴールしてくれた。次の大会は全国への予選で、今シーズンの集大成の見せ場。これまでの大会の経験を元にチームワークで3大会全て全国出場を決めたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です