【ボート部】 屈辱の全敗、準決勝進出ならず

 6月30日、浜寺漕艇場にて行われた平成24年度関西選手権競漕大会において関学はどのクルーも準決勝進出とはならなかった。男子舵手付きフォアは予選では2着京大に4秒差に詰め寄る好タイムを出す。しかし、タイムでは1位で迎えた敗者復活戦はクルーの息が合わず3着。準決勝進出はかなわなかった。
試合後のコメント
男子舵手つきフォアを率いた松本敬弘(法4)「予選はスタートも成功し1500㍍まではよかった。リズムを上げようとしたがうまくいかなかった。敗者復活戦では勝てるはずが負けてしまった。団体競技の難しさを改めて感じた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です