【水上競技部水球パート】 8-6で勝利するも課題残る

 6月30日、京都大学西部構内プールにて平成24年度関西学生水球選手権が行われ、京大と対戦し8-6で勝利した。前半、攻守がかみ合わずリードされる場面もあり、苦しい展開になる。しかし後半になると徐々にディフェンスが機能し始め、ゴールも決まるように。最後は吉田(経2)が得点し、8-6で勝利を収めた。
試合後のコメント
主将・小川貴裕(文4)「よくないゲームだった。シュートに関しては全体的に外しすぎた。今日はコミュニケーションがうまくとれていなかったので、もう一度全員で話し合って明日に備えたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です