【サッカー部女子】 PK戦で夢破れる

 6月30日、大阪体育大学グラウンドにおいて平成24年度関西学生女子サッカー春季リーグ入替戦が行われ、2部1位の関学は1部8位の京文大と対戦し、1-1で迎えたPK戦で2-3で敗れ、創部初の1部昇格は果たせなかった。前後半スコアレスで迎えた延長前半3分にFW澁澤(総3)のゴールで先制した関学だったが、延長後半1分に同点とされ、PK戦の末敗北した。
試合後のコメント
主将・MF櫻井玲加(教4)「流れの中から点が取れたことは、今まで少なかったので良かったが、大事なところで失点したのは甘さが出た部分だと思う。(前後半の)80分で勝負を決めるべきだった。たくさんの方の応援が力になった。決定力不足や個々の技術の向上が課題。秋で昇格するには夏場が勝負だと思うので頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です