【硬式野球部】 新人戦5位

 6月28日、豊中ローズ球場において関西学生野球六大学春季新人戦(5、6位決定戦)が行われ、関学は京大相手に逆転勝ちを収め新人戦5位となった。6回に四球などで危機を作ると、左前適時打を浴び2点を先制される。反撃したい関学は8回裏に暴投と失策で同点に追いつく。さらに好機で2番・徳田真優(社2)が左越適時二塁打を放ち逆転に成功する。最終回を三番手投手・宇都宮健太(経1)が三者凡退に抑え、4ー2で京大に勝利した。
試合後のコメント
チーム主将・黒木秀太(社2)「先制されたときはまずいと思った。自分たちの前の試合が長くなったことでみんな気持ちが緩んでしまい、それがプレーにも出てしまった。今まで打たされていたので、逆転した回の前にじっくり攻めることをチームで徹底できたことが得点につながった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です